おたねにんじん

RECIPE

レシピ

おたねにんじんを
家庭で料理できるレシピ

おたねにんじんをもっと身近に!

〜ウェスティンホテル東京 総料理長 沼尻寿夫さんによる簡単レシピの考案・発表、料理教室の開催〜

おたねにんじん(会津人参)は、一般に「薬用人参」や「朝鮮人参」と呼ばれ、古来より生薬や天ぷら等の食材として利用されてきました。福島県の会津地方では300年以上前から栽培されており、本県の生産量は全国1位(H29年土根生産量)を誇ります。
しかしながら、外国産との価格競争や生産者の高齢化などの影響により、県内の栽培農家数、栽培面積はともに減少しています。(平成4年:農家数 341戸、栽培面積 179ha、平成29年:農家数 27戸、栽培面積 5.97ha)

福島県会津地方振興局では、おたねにんじんの認知度向上と消費の拡大を図るため、「ウェスティンホテル東京」の沼尻寿夫総料理長に、おたねにんじんの食感と風味を生かし、「おたねにんじんとリンゴのカレー」「おたねにんじんと鶏のビール煮」「おたねにんじんのオニオングラタンスープ」「おたねにんじんのポトフ」の4品を考案いただきました。
令和元年11月29日(金)に、地元の皆さんを対象とした料理教室を開催し、沼尻総料理長に考案いただいたレシピ2品の作り方を教えていただき、参加者の皆さんで調理し、美味しくいただきました。
いずれのレシピも家庭で手軽に調理でき、これからの寒い季節にもおすすめです。
おたねにんじんは、清水薬草(有)道の駅あいづ湯川・会津坂下御薬園などで購入することができます。会津地方にお寄りの際にはぜひ購入いただき、ご自宅でもおたねにんじんの美味しさをご賞味ください!

左:おたねにんじんとリンゴのカレー 右:おたねにんじんと鶏のビール煮
完成した簡単レシピ2品

左:おたねにんじんとリンゴのカレー
右:おたねにんじんと鶏のビール煮

おたねにんじん(会津人参)の簡単レシピを公開中!

「ウェスティンホテル東京 沼尻総料理長」考案のおたねにんじん(会津人参)簡単レシピ (PDF版)を福島県会津地方振興局のホームページに掲載しています。また、今後、当振興局のホームページに「おたねにんじん(会津人参) レシピ動画」を掲載する予定です。

詳細は、福島県会津地方振興局ホームページをご覧ください。